みなさんはシャンプーを購入する際、何を基準に選んでいますか?

「洗い上りがいいから」「値段が安いから」「好きな芸能人がCMに出ていたり、雑誌でみたことがあるから」「香りがいいから」、「スーパーやドラッグストアで割引してあった」「たまたま近くに置いてあった」などなど、一口にシャンプー選びといっても、さまざまな理由がありますよね。

私たちが普段、何気なく使用しているシャンプーは毎日使うものなので、髪や頭皮の健康にも少なからず影響を与えています。しかし、髪の毛や頭皮の健康を基準にシャンプー選びをしている人は少ないですし、そもそもどんなシャンプーを購入したら良いかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで「どんなシャンプーを選んだら良いかわからない」という方のために、シャンプー選び一助として、コーティングと洗浄成分について解説していきます。


 

・コーティング剤:シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプー

シリコンとは、シャンプーに含まれるコーティング剤のことをいいます。

つまり、シリコンシャンプーはシリコンが「含まれた」シャンプー、ノンシリコンシャンプーとはシリコンが「含まれていない」シャンプーのことをいいます。

市販されている多くのシャンプーには一般的に、このシリコンという合成成分が含まれていますが、シリコンの効果としては髪の毛をコーティングすることで髪の毛をサラサラにする効果があります。

この髪の毛をサラサラにするという効果だけをみると、シリコンは非常に優れた成分にもみえますが、毎日使用し続けることによって毛穴にシリコンが蓄積し、頭皮や髪の毛が傷んだり、くせ毛やダメージ毛の原因になってしまいます。

また、髪の毛を強力にコーティングするので、トリートメント成分の吸収の妨げや、ワックス・カラー・パーマなどがかかりにくくなるといったデメリットもあります。

反対に、ノンシリコンシャンプーは髪や地肌をコーティングすることがないため、従来のシャンプーよりも髪がゴワつくといったデメリットを持つ反面、トリートメント成分や栄養が髪に浸透しやすくなり、髪本来の健康を取り戻すといった効果やメリットがあります。


・シリコンシャンプー
メリット:髪の手触りが良くなる、髪同士の摩擦が少なりブラッシングなどの手入れが楽になる
デメリット:髪や頭皮を痛める原因となることも、栄養吸収の妨げ、ワックスやカラー、パーマがかかりにくくなる、髪のボリュームを抑える
成分表示:メチコン、シロキ、シリル、シランetc

ノンシリコンシャンプー

メリット:髪に栄養が浸透しやすく頭皮を健やかに保つ、髪が軽くなる

デメリット:髪がごわつく、頻繁なパーマやカラーリングではダメージが進みやすくなる


 

・シャンプーの洗浄成分

シャンプーの洗浄成分は大きく分けて「石油系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3種類に分けられます。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

・石油系洗浄成分

スーパーやドラッグストアなどの店舗で市販されている多くのシャンプーが石油系の洗浄成分を含んでいます。その理由としては比較的安価であること。また、洗浄力がとても高く泡立ちも良いため洗い上りがりがすっきりすることが挙げられます。

しかしその反面、頭皮や髪の毛に対して刺激が強く、必要以上に皮脂を落とし過ぎてしまうというデメリットがあります。

 

メリット:安い、泡立ちが良く洗い上りすっきり

デメリット:洗浄力が高すぎて髪や頭皮への負担になりやすい

成分表示:ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸塩、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウムetc

・石鹸系洗浄成分
石鹸系の洗浄成分。肌に優しく低刺激ではありますが、石油系の洗浄成分と同じく洗浄力が高く、頭皮の脂を落としすぎるといった特徴があり、頭皮に対してはあまり優しいとは言えないようです。

シャンプー後は髪がゴワつき、洗い上がりはあまりよくありません。

 

メリット:肌に優しく低刺激

デメリット:洗浄力が高すぎて髪や頭皮への負担になりやすい、髪がごわつく

成分表示:カウリン酸K、オレイン酸K、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムetc

・アミノ酸系洗浄成分
アミノ酸から作られた洗浄剤です。アミノ酸は身体の基となるたんぱく質を構成している物質なので、低刺激で髪・頭皮に優しく、適度な洗浄力で皮脂を落とし過ぎてしまうこともないので敏感肌の方におすすめな洗浄成分です。また、保湿性も高く、洗いながら髪や皮膚の成分であるたんぱく質を補給します。デメリットとしては、値段がやや高いということです。

 

メリット:髪や頭皮に優しく低刺激、適度な洗浄力、保湿性が高い、洗いながら髪や皮膚へ栄養を補給する、弱酸性なので髪の毛がパサつかない

デメリット:値段が高い

成分表示:メチルアラニン、メチルタウリン、ココイル、ベタイン、グルタミン酸、クリシン、サルコシンetc


 

まとめシャンプー選びの一助としてコーティング剤(シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプー)と洗浄成分(石油系・石鹸系・アミノ酸系)について解説しました。

記事では、各成分の特徴とメリット・デメリットについて触れており、「どの成分が最も優れているのか」ではなく「どの成分のシャンプーが自分(の髪や頭皮)に合っているのか」という視点を持つことがシャンプー選びのコツになります。

1日だけでは大差ないかもしれませんが、シャンプー(洗髪)はほとんど毎日行うものですので、「値段が安い」「CMでみたことがある」といった理由だけではなく、含まれる成分やその特徴を把握して目的に沿ったシャンプー選びを心がけてみてください。