薄毛・抜け毛など頭や髪の悩みには、人によってさまざまなものがあります。

そのなかでも今回は、「頭皮トラブル」のなかでも多くの人が悩んでいる、フケやかゆみのトラブルについて原因と対策について、また、フケや痒みに関連して脂漏性皮膚炎について解説していきます。


 

 

・フケやかゆみの原因

フケやかゆみの原因は、「食生活」や「睡眠」などの生活習慣に関連したものや、「乾燥」、「ストレス」などさまざまな原因がありますが、そのなかでも特に注意が必要なのが「頭皮の乾燥」によるものといわれています。
そこで、以下にフケ・痒みの主な原因となる頭皮の乾燥を招く原因と簡単にできる対策を紹介していきます。

・頭皮が乾燥する原因

 

・季節の関係(冬から春にかけては空気が乾燥し、頭皮も乾燥しやすくなります。)

・シャンプーによる過度な洗浄(皮脂には保湿の役割もあるため皮脂の落とし過ぎは乾燥を招きます)

・アルコール成分を多く含む育毛剤やヘアスプレー

・生活習慣(食事・睡眠不足・ストレスなど)

・頭皮の乾燥に対する対策

 

・部屋の湿度を適度に保つ

・洗浄力の優しいシャンプーで洗髪する

・1回に使用するシャンプーの量を減らす

・1日に1回以上の洗髪を行わないこと


脂漏性皮膚炎とは脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多い場所を中心に起こる皮膚炎で、頭皮の場合はかゆみとともに、多くのフケが出てくるという特徴があります。
頭皮のフケや痒みというと男性の悩みに多そうではありますが、近頃は男性だけではなく、女性にも脂漏性皮膚炎の方が増えてきているようです。
脂漏性皮膚炎は、食生活やストレスといった生活習慣と関連があるとも言われていますが、原因として、表皮常在菌の「マラセチア・フルフル」という菌が皮脂を栄養源として異常に繁殖して、皮膚のターンオーバーを通常の約半分の日数で分化させることで、角質細胞のいらなくなった量が異常に増えてしまい「フケ・かゆみ」へと繋がるとされています。
脂漏性皮膚炎の対策としては、シャンプーで頭皮を清潔に保つことが必要になってきます。
また、脂漏性皮膚炎の症状が強い場合は、硝酸ミコナゾールやヂンクピリチオンなどの入ったシャンプーの使用により、改善がみられる場合もあります。

まとめフケや痒みの原因と対策、脂漏性皮膚炎について解説しましたが、これらの原因に共通することとしては睡眠やストレスといった「生活習慣」が関係していることと、「頭皮の環境」が関係していることです。
生活習慣に関しては仕事や家庭での役割であったり時間の制約などもあるため、なかなか改善しにくいものではありますが、リラックスして質のいい睡眠ができるように部屋を暗くしたり適度な室温に設定するなどして環境を作ったり、運動の習慣をつける、食生活に気を使うなど可能な範囲で実行してみてください。
また、頭皮環境についてはアミノ酸由来のシャンプーのような刺激が強すぎないシャンプーを使用したり、1日のうちに何度も髪を洗って皮脂を落とし過ぎないなど、髪や頭皮に優しい環境づくりを心がけてみてください。