正しい髪の洗い方で洗髪してますか?

 

立派な植物を育てるためには土台となる土が大切であるように、育毛に関しても土台(頭皮)が大切になってきます。そのため、頭皮環境を整えようと「ウーマシャンプープレミアム」を購入して使用しているものの、洗い方がよく分からなくて「ただ毎日なんとなく洗髪しているだけ」という方も多いのではないでしょうか。

もちろん、それでもいいのですが、せっかくシャンプーにこだわっているのなら洗髪方法もこだわって洗った方がケアの効率が高まります。

そこで、今回は一つ先を行くスカルプケアをテーマに「正しい洗髪方法」について紹介していきます。

また、おまけとして最後に「頭皮マッサージの方法」についても紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。


 

・正しい洗髪方法

①シャンプーの前にお湯だけで予備洗いを行う
まずはお湯で髪を1分程度すすぎます。
髪をすすぐことで髪や頭皮についた汗やほこりを落とし、頭皮への負担を減らします。
②シャンプーは掌(てのひら)で泡立ててから付けるようにする
シャンプーの原液を直接頭皮につけるとすすぎ残しの原因になり、フケや痒みなど頭皮のトラブル招く恐れがあります。そのため、シャンプーは一度掌で泡立ててからつけるようにしましょう。
ちなみに(髪の長さにもよりますが)、ウーマシャンプープレミアムを使用する際は500円玉程度のシャンプー量を目安に使用すると良いでしょう。
③指の腹を使って洗う
爪を立てて頭をゴシゴシ洗うのはNGです。
頭皮を傷つけないよう優しくマッサージするように指の腹を使って洗いましょう。
④よくすすぐ
シャンプー剤が頭皮に残っていると、ふけやかゆみなどの頭皮トラブルや、抜け毛の原因になります。すすぎは十分過ぎるほど(具体的には1分半以上)行うようにしましょう。
⑤リンス・トリートメントは直接頭皮につけない
リンス・トリートメントを直接頭皮につけると、油分が毛穴を塞いでしまって、抜け毛の原因になります。痛んでいる毛先を中心にリンス・トリートメントを行い、頭皮には付かないように注意しましょう。
⑥自然乾燥はNG
洗髪後は、ドライヤーを使って素早く乾かします。
頭皮が濡れたままだと、雑菌の繁殖がすすみやすく、フケや痒みなどの頭皮トラブルや抜け毛の原因になります。
ドライヤーをかける際は、頭皮からドライヤーを20cm以上離して、1か所に長時間当てないように気を付けながら頭全体を素早く乾かしていきます。

 

・頭皮マッサージの行い方

続いて頭皮マッサージの行い方を紹介していきます。

まず、指先で頭皮をつかみ、頭皮をずらすように前後左右に動かします。

この時、指は固定したままで、髪で指が滑らないように注意しましょう。

頭皮マッサージの方法は以上です。

一見シンプルな方法ではありますが、頭皮マッサージの効果として、頭皮の直下にある副交感神経が刺激されて活発になることで、身体がリラックスし血流が促進されます。

血行が良くなると新陳代謝が活発になり、抜け毛の予防効果も期待できるため、隙間時間を見つけてぜひ続けてみてください。


まとめ今回は1つ先を行くスカルプケアをテーマに「正しい洗髪方法」と「頭皮マッサージの行い方」について紹介してきました。

薄毛や抜け毛にコンプレックスや悩みを持つ方の多くは、どうしてもシャンプーや育毛剤に目が行きがちで、「髪の洗い方」に関しては無頓着、という方も意外と多くいます。

シャンプーは頭や髪をきれいにするだけではなく、毎日行う髪と頭のケアの一つですので、今回紹介した洗い方を今日から早速試してみてください。

また、とてもシンプルな方法ではありますが、おまけで「頭皮マッサージの行い方」も掲載していますので、ぜひスカルプケア・抜け毛予防対策の一環として行ってみてください。