フケや痒みなど脂漏性皮膚炎の症状に悩まされている方で「ウーマシャンプーを使ったら治った」というようなインターネット上の口コミやレビュー記事を読んだことがある方もいるかもしれません。

しかし、結論からいってウーマシャンプーで頭皮を洗髪しただけでは脂漏性皮膚炎は治りません。一体なぜシャンプーだけでは治らないのでしょうか。その理由について、まずは脂漏性皮膚炎の症状や原因について解説していきます。

 

脂漏性皮膚炎とは脂漏性皮膚炎とは頭皮や顔・胸・腋窩(わき)・背中・股など皮脂の分泌が多い部位にみられる慢性の皮膚炎・湿疹のことをいい、年齢としては3ヶ月未満の乳児や思春期、40~60歳代に好発しやすいとされています。

症状としては、皮膚が赤くなり、痒みを伴い(かゆみがない場合もあり)、さらに白や黄色、灰色の鱗屑(りんせつ)というフケのようなものが皮膚に付着しますが、頭皮の場合は大量のフケと痒みが主な症状となります。

また、皮脂を分泌する皮脂腺は毛穴ごとに存在しているため、脂漏性皮膚炎を発症すると毛穴にも影響を及ぼすこともあります。

特に男性の場合、男性ホルモンのバランスの乱れから脱毛症状を併発するケースも多くみられています。(女性の場合は女性ホルモンの関係から男性ほどの強い脱毛症状はみられませんが、毛が細くなったり抜け毛が増える症状がみられます)

・脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因は、現在のところまだはっきりと解明されておらず、遺伝や環境的要因、ストレスなどが関与した多因子疾患と考えられています。

しかし、最近は直接的な原因として、カビ(真菌)の一種である「マラセチア(Malassezia)」が皮膚の炎症を引き起こすと考えられています。ただ、カビといっても、「マラセチア」は人の皮膚に存在する常在菌1つであるため健康な人の皮膚にも存在しており、皮脂や汗などの皮膚分泌物が増えると、それらの成分を栄養源として「マラセチア」が急激に繁殖するとされています。

・脂漏性皮膚炎の治療方法

脂漏性皮膚炎の治療の中心は外用剤(塗り薬)を用いた薬物療法です。ステロイドや抗真菌薬を用いて炎症を抑えたり、脂漏性皮膚炎の原因菌である「マラセチア」の活性を抑えます。

また、肌荒れ症状の回復のために尿素入りのローションや皮脂を減少させる効果のあるビタミンBが処方されることもあるようです。

 

その他、薬物療法以外にも生活習慣の見直しも重要になってきます。

具体的には、皮脂の分泌量を増やす原因になるため脂っこい食事やアルコールの飲みすぎは避け、ビタミンB群・ビタミンCなど皮膚の代謝を改善しダメージ回復効果のある「食事」を心掛けたり、十分な「睡眠」(睡眠不足は皮膚の抵抗力低下を招くため)をとる、「紫外線を避ける」(皮膚にダメージを与えるため)、「ストレス」(免疫を低下させるため)を溜め過ぎないなど、いわゆる規則正しい生活を行うようにしてください。

 

また、脂漏性皮膚炎の原因でも説明しましたが、脂漏性皮膚炎は皮脂や汗の過剰分泌されることにより、それらを栄養とする「マラセチア」の急激な繁殖が一つの原因と考えられているため、皮膚の清潔を保つことも重要な対策の一つになります。

ただし、皮脂には皮膚や頭皮・毛髪の保護や保湿の役割があるため、皮脂を落とし過ぎる過剰な洗浄は効果がないどころか、皮脂を補うためにさらに大量の皮脂が分泌されるという悪循環にはまってしまう恐れがあるため、洗浄力の強い洗浄成分の使用や力を入れてゴシゴシ洗うなどの過剰な洗浄は避けて適度に洗浄するようにしましょう。

洗髪後は、髪が生乾きの状態だと「マラセチア」の活動が活発になってしまいますのでドライヤーで素早く乾かすように気を付けてください。


 

まとめ:ウーマシャンプーで脂漏性皮膚炎が治らない理由脂漏性皮膚炎について解説してきましたが、脂漏性皮膚炎の原因としては「マラセチア(Malassezia)」という皮膚の常在菌が、皮膚に炎症を引き起こすことで発症すると考えられています。そして、その治療方法は「ステロイド」や「抗真菌薬」を用いた薬物療法が基本となります。

言い換えると、脂漏性皮膚炎を治す方法としては皮膚の炎症を抑えつつ、原因菌である「マラセチア」の活性を抑えることになります。

つまり、ウーマシャンプーはあくまでシャンプーであって、炎症を抑える役割やマラセチアの活性を抑える役割を持っていないため、ウーマシャンプーで洗髪しただけでは脂漏性皮膚炎は治らないということになります。

ただ、薬物療法が治療の基本となるものの、脂漏性皮膚炎を治すには生活習慣の改善や頭皮や皮膚の清潔を保つことが重要になってきますので、アミノ酸・ノンシリコンシャンプーである点(皮脂を落とし過ぎず溜め過ぎない適度な洗浄力が特徴)や馬油を成分に含んでいる(皮膚に優しい)点から、治療のサポートや予防としてウーマシャンプーを使用するのはおすすめです。